FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行政書士試験の出題範囲は広い。 憲法、民法を始めとする法律関係科目に加えて一般教養も求められている。 また、この一般教養というのが曲者で、出題範囲があるようでないのに等しい。 また、世間一般的な観点から見れば、全然一般教養とは思えないような範疇から出題されることもある。 しかも、法律系、一般教養系ともに足切りラインがあり、片方のみの得点では合格できない仕組みになっている。 早朝と昼休みの車の中で50~60分、少しずつ巨大な山を手掘りで切り崩していく、そういう感じだった。 いつも同じ時間帯に来るので、コンビニのオーナーはじめ、パートさんや客ともすっかり顔なじみになった。 不思議と充実感があった。 何か目標に向かって進んでいる時って、何故かイキイキしていると自分でも感じていた。 真冬の夜明け前の漆黒の闇の中、真夏の早朝から照りつける太陽光の中、巨大な山の手掘り作業は続いた。 
スポンサーサイト
テーマ:資格試験
ジャンル:就職・お仕事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。